アイフル

アイフルの審査に通るのはどんな人?審査に有利な人の特徴を丁重に解説!

アイフル画像
アイフルには審査があるため、「審査はどんな人が通りやすいのか?」というような疑問がある人は多いかと思います。

そこでこの記事では、アイフルの審査に通る人の特徴をわかりやすく解説してみました。

当記事をお読み頂ければ、アイフルの審査に通る人の特徴を知ることができ、自分がアイフルの審査に通りそうかの判断がしやすくなります。

アイフルの審査に通るのはこの2つが優秀な人

アイフルの審査はおもに次の2つによって合否が決まります。

  • 属性
  • 信用情報

このため、アイフルの審査に通過できるのは上記の2つが優秀な人です。

それでは、それぞれの詳細について解説していきましょう。

属性

属性とは、申込時に申告する個人情報のことです。

アイフルの申込時には年齢や年収、勤務先など様々な個人情報を申告しますが、それらは属性と呼ばれ、「属性スコアリング」という審査方法に使われます。

属性スコアリングとは、コンピューターによって申込者の返済能力をスコア化する審査方法です。

属性スコアリングでは属性が点数化され、その合計スコアによって返済能力が判断されるのです。

そのため、属性スコアリングが優秀な人ほど審査に通過しやすい特徴があります。

属性スコアリングが高くなりやすい人は、簡単にまとめると次のような人です。

  • 収入が安定している
  • 返済できる余裕が大きい

信用情報

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの利用記録のことを指します。

信用情報で確認されるのは次のようなポイントです。

  • 他社の借入額や件数はどのくらいか?
  • 他社の返済期日をしっかり守っているか?
  • 過去に金融事故を起こしたことがないか?

上記のようなポイントを確認し、申込者にお金を貸しても問題ないかをチェックするのです。

アイフルのようなカードローンの審査では、この信用情報が一番重要だと言われています。

よって、信用情報に問題がない状態でないと審査に通るのは難しいです。

アイフルの審査に通る人の特徴7つ

前章でお伝えしたとおり、アイフルの審査で確認されるのは「属性」と「信用情報」です。

そのため、アイフルの審査に通る人の特徴をまとめると次の7つです。

  • 年収が高い
  • 収入が安定した職業に就いている
  • 勤続年数が長い
  • クレジットカードやローンの返済期日を守っている
  • 他社からの借入が少ない
  • 家賃や住宅ローンの負担が少ない
  • 信用情報に金融事故の記録がない

これらに当てはまるものが多い人ほど、審査に通過しやすくなるため、次章の解説に目を通しておいてください。

年収が高い

年収が高い人ほど返済に使えるお金が多い傾向にあります。

返済に使えるお金が多いほど、アイフルは安心して融資できますので審査にも有利です。

収入が安定した職業に就いている

収入が安定した職業というのは、毎月安定して給料が貰える職業です。

たとえば、公務員や大企業の正社員などがそれに当たります。

公務員はリストラや倒産がないため、給料の安定度という意味では非常に優れています。

大企業も倒産の危険は少ないため、正社員であればこの先も安定継続して収入が得られる見込みは高いです。

このため、上記のような職業についている人ほど審査に有利です。

とはいえ、職に就いており毎月収入があるのであれば、職業に関してはそれほど気にする必要はありません。

中小企業の正社員・派遣社員・パート&アルバイトといった人でも、審査に通る見込みは十分あるので安心してください。

勤続年数が長い

勤続年数が長い人ほど離職や転職の可能性が低く、この先も安定して収入を得られると判断されやすいため、審査に有利です。

一般的に勤続年数は3年以上あると良いとされています。

クレジットカードやローンの返済期日を守っている

クレジットカードやローンの返済期日を守っている人ほど、信用されやすいため審査に有利です。

返済記録は直近のものが重視されるため、できれば1年、最低でも半年は一切返済遅れがないようにしたいです。

他社からの借入が少ない

他社からの借入が少ない人ほど、返済に使えるお金が多い傾向にあるため審査に有利です。

他社からの借入とは次のようなものです。

  • カードローン・キャッシング
  • フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

これらを利用している人はなるべく借入額や件数を減らしてから、アイフルの審査を受けるのがおすすめです。

家賃や住宅ローンの負担が少ない

アイフルの申込時には「家賃」や「住宅ローンの負担額」を申告する必要があるため、この2つが少ない人ほど審査に有利です。

家賃や住宅ローンの負担額が少ないほど、返済に使えるお金が多いと判断してもらえる可能性があるからです。

信用情報に金融事故の記録がない

金融事故とは、「債務整理」や「長期延滞」などを指します。

信用情報に金融事故の記録がある場合はアイフルの審査に通りませんので、記録がないことが条件です。

アイフルの審査に関してよくある質問

この章では、アイフルの審査に関してよくある質問をまとめています。

アイフルの審査について、疑問を解決するための参考にしてもらえれば幸いです。

審査の攻略法はないの?

「これをやれば審査に通過できる!」という方法はありません。

アイフルの審査は現時点での「返済能力」と「信用」によって合否が決まります。

返済能力と信用を判断するのは、属性と信用情報であり、この2つはこれらから申し込みすする段階ではどうにもできません。

よって、審査の攻略法もないのです。

借入希望額を少なめに申告すれば通りやすいって本当?

借入希望額を少なめに申告しても審査の難易度は変りません。

アイフルは借入希望額で審査をしているわけではないからです。

アイフルは属性や信用情報などの情報を総合的に判断して、審査の合否を決めています。

その結果として、申込者の限度額も決めているだけにしかすぎません。

よって、借入希望額を10万円にしても審査の結果50万円になることもありますし、逆に50万円を希望しても10万円になることもあります。

仮に借入希望額よりも少なめになったとしても、その金額での契約が可能です。

そのため、借入希望額を少額にしても審査内容が変わることはありません。

他の大手消費者金融でダメだとアイフルでも審査落ちする?

大手消費者金融はどこも似たような審査方法を取っているとされています。

しかし、審査の合否の基準自体はことなります。

他の大手消費者金融でダメでも、アイフルなら審査に通過できることはあるため、諦める必要はありません。

審査に時間がかかると審査に通りにくい?

審査に時間がかかっても審査落ちの可能性が上がるわけではありません。

アイフルの審査は最短30分ですが、30分はあくまで最短であり、口コミなどを見ると2~3時間かかっているケースも多々あります。

場合によっては翌日以降になるケースもあるため、審査時間の長さと審査落ちの関係性は低いです。

アイフル審査まとめ

アイフルの審査に有利な人は「属性」と「信用情報」が優秀な人です。

もっと細かく言うと、次のような人になります。

  • 年収が高い
  • 収入が安定した職業に就いている
  • 勤続年数が長い
  • クレジットカードやローンの返済期日を守っている
  • 他社からの借入が少ない
  • 家賃や住宅ローンの負担が少ない
  • 信用情報に金融事故の記録がない

このため、上記に当てはまる人ほど審査に通過できる見込みが高いです。

もし、審査に通りそうであればアイフルに申し込みしてください。

-アイフル

© 2020 お金を借りるなら即日で審査完了はどこ?お金借りたい人へおすすめ7選!