Menu
京都で盛り上げよう!盛り上がろう! 東アジア文化都市2017 京都市民連携事業募集のお知らせ

コラム コラム

Column

京都で育まれる多文化共生

このページでは、東アジアの相互理解につながる活動をされている方に、日々の取り組みやその活動にこめた想いについてコラムをご寄稿いただいています。
今回は、東九条マダン 実行委員長の梁説(やんそる)さんです。
東九条マダンとは、京都駅の南に位置する東九条で、毎年11月はじめに開催されるお祭りです。
多様な文化、老若男女、障がいのあるなし関係なく、すべて生き生きと表現できる「マダン=広場」づくりの取り組みの様子をご紹介いただきます。

//////////

こんにちは。
みなさんは東九条マダンというおまつりをご存じでしょうか?
京都駅の南側、東九条という地域で25年間続くまつりです。

9月になると東九条では“ドン・ドン・クンタクン”と、朝鮮半島の打楽器の音色が響きます。高瀬川の横手の公園では小さな子どもたちが小太鼓の練習をし、練習場所となっている地域の施設では、小学生と大人の太鼓の練習が始動します。夏の終わりとともに地域にあふれだすマダンのポスターと打楽器の練習風景は、もはや東九条地域の一つの風物詩といえます。

 

東九条マダンでの「和太鼓&サムルノリ」セッションの一場面 (東九条マダン実行委提供)

東九条マダンでの「和太鼓&サムルノリ」セッションの一場面
(東九条マダン実行委提供)



マダンとは朝鮮の言葉で「広場」を意味し、「ひとつのマダンに集い、一つになって、みんなのまつりを実現したい」という思いで名づけられました。国籍や民族を超えて、年齢や性別に関係なく、障害がある人もいっしょに一つの広場づくりを目指してきました。そしていつしか私たちのまつりは周囲から“多文化共生”のまつりと呼ばれるようになりました。確かに多様な文化が共生するまつりです。「まつり」そのものが持つエネルギー、太古の時代から人間の営みと密接にかかわってきた自己表出の回路...まつりそれ自体の魅力もさることながら、一人一人の生活、強いては一人一人の歴史、まちの歴史があって、私たちのまつりは成り立っているように思います。

 

東九条マダンでの「マダン劇」の一場面 (東九条マダン実行委提供)

東九条マダンでの「マダン劇」の一場面
(東九条マダン実行委提供)



戦前戦後、近代国家をひた走る日本の中で、東九条には数多くの労働力が流入しました。国内からの出稼ぎだけでなく、日本の統治下にあった朝鮮半島からもたくさんの人たちが生活の場を求めて渡ってきました。安価な労働力が流動する地域で定住を目指すには、重労働はもちろん、くず拾いや闇米の商いに家族総出で勤しんだと聞きます。
民族や文化の違い、貧困が引き起こす差別や軋轢を、このまちで「ともに生きる」こと、ナマの生活を繰り返すことで克服していくさまを私は見てきました。
このまちの生活の中に存在する東九条マダン、それは地域に暮らす人だけでなく、参加したいすべての人を受け入れ、いっしょにつくっていく広場として、これからもあり続けたいと思います。そして、その日常の中にこそ、多文化共生の姿があると思っています。

今年は11月3日に開催します。ぜひ、遊びに来てください!

※東九条マダンについては、HPをご覧ください。
http://www.h-madang.com/


東九条マダンは、『東アジア文化都市2017 京都』のプロジェクトにも参加しています!

韓国の農楽を再現しアレンジしたプンムルノリという打楽器の演奏と踊りなど、身体的経験を通じての相互理解が、毎年東九条マダンで行われ継がれています。
『東アジア文化都市2017京都』におけるプロジェクトの一環として9月に東九条地域で野外劇『日輪の翼』が上演され、東九条マダンのプンムルノリが芝居の一部に参加します。ワクワクです!
東九条マダンの表現に、韓国からの招へいアーティストや出演者のパフォーマンスが加わり、中上健次の文学世界とやなぎみわさんの世界観が融合する――この身体的経験、感覚的経験がジワジワと私たちの脳に変革を起こすでしょう。何より、すでに関係者レベルでの交流は地域を超え、海を越え始まっています。

『東アジア文化都市2017京都』を通じて、改めてその地域、その地域の生活に根づく文化芸術に対する関心が高まり、楽器の練習場所確保すら難しい東九条マダンの現状打開が図られる機会になることを期待します。

 

東九条マダンフィナーレで、みんなで踊っているところ (東九条マダン実行委提供)

東九条マダンフィナーレで、みんなで踊っているところ
(東九条マダン実行委提供)

Profile

梁説(やんそる)

梁説(やんそる)

東九条マダン 実行委員長

第1回東九条マダン(1993年開催)からマダンにかかわる。特に第1回のマダンから欠くことなく演じられてきた東九条マダン「マダン劇」の脚本を担う一人。2017年6月からは東九条マダン実行委員長に就任。職業は2015年12月に東九条でオープンしたブックカフェ店長。

関連イベント情報

見る

201709/14 - 09/17

『日輪の翼』京都公演

<アクセス>
電車:市営地下鉄烏丸線「十条」駅下車 1番出口から徒歩約6分
    京阪本線「鳥羽街道」駅下車 徒歩約8分
バス:市営バス81系統「十条竹田街道」下車 徒歩約2分

駐車場:会場横コインパーキング、タイムズ鴨川西ランプをご利用ください。(駐車台数60台(有料))

※駐輪場はございません。

ページトップへ