Menu
京都で盛り上げよう!盛り上がろう! 東アジア文化都市2017 京都市民連携事業募集のお知らせ

コラム コラム

Column

京都にみる東アジアの足跡Ⅰ 嵐山の風景

このページでは、東アジアの相互理解につながる活動をされている方に、日々の取り組みやその活動にこめた想いについてコラムをご寄稿いただいています。
今回は、井上満郎(いのうえ みつお)先生に、「京都にみる東アジアの足跡」を3回に分けてご紹介いただきます。
実は、京都の名所とよばれる中でも、私たちは知られざる東アジアとの深い結びつきを発見することができます。

//////////

 京都随一の観光地といってもいい嵐山。四季を問わず人の流れが絶えません。桂川にかかる渡月橋は、京都の名所写真にはかならず登場します。ですがこの風景は、実はそう古いものではありません。だいいち渡月橋が今の場所に架けられたのはたかだか四百年ほど前ですし、もとはもっと上流にありました。「渡月橋」という名は、亀山天皇(在位1259-74)が月の橋を渡る風景をめでたところから付いたというのが定説ですが、この天皇の時代の橋は、今の渡月橋ではなかったのです。ではもともとの嵐山の風景は、いったいいつできあがったのでしょうか。そこには東アジアの人と文化の果たした役割がありました。

 

渡月橋風景 (写真提供:京都市メディア支援センター)

渡月橋風景
(写真提供:京都市メディア支援センター)



 京都に生まれ育ってそれなりのご年齢の方は、私がそうなのですが、嵐山のあたりの川を桂川と呼ばれると、おおきな違和感を持ちます。渡月橋のあたりの桂川は、やはり大堰川(おおいがわ)なのです。そしてそのように呼ばれるのは、ここに大堰、つまり巨大な取水堰があったからです。その歴史をふまえた名が、地元的には今でもそれなりに残っているのです。

 

大堰の跡あたり (北岸ボート乗り場あたりにある堰堤風景)

大堰の跡あたり



 その大堰を造ったのは、朝鮮半島(韓半島)からの渡来人の秦氏でした。彼らはおよそ1500年ほど前、5世紀ころに日本に渡来し、京都に住み着き、半島からもたらした先進的な土木・灌漑技術を京都に投下して、桂川に巨大な大堰を建設したのです。川を堰き止めることはすぐにでもできますが、そこから長い用水路を引いて、広い地域に及ぼすという用水路建設の技術が当時の日本にはありませんでした。その在来の技術水準を大きく発展させたのが、渡来人の秦氏たちなのです。東アジア世界に背景を持つ渡来人が京都にやって来ることによって大堰が築かれ、後世まで「大井(おおい)」として貴族たちの舟遊びや遊覧の地となる今の嵐山の水辺の風景は、はじめて成立したのです。日々それを認識することはないですが、京都文化の背後には東アジア世界が存在することに思いを及ぼすべきだと私は考えています。

 ちなみに平安時代になってこの大堰を修理したのは、やはり秦氏出身だった、橋のたもとの法輪寺(虚空蔵さん)の僧道昌ですが、その記念碑がかつての大堰とおぼしき場所に建てられています。

Ⅱへつづく

修理碑

修理碑

Profile

井上満郎

井上満郎

京都市歴史資料館長

1940年、京都市生まれ。京都大学大学院修了。1982年に京都産業大学教授。2004 年から京都市歴史資料館長、2012 年から京都市埋蔵文化財研究所長を務める。著書に『研究史平安京』(吉川弘文館)、『平安時代軍事制度の研究』(同)、『京都・躍動する古代』(ミネルヴァ書房)、『渡来人』(リブロポート社)、『平安京再現』(河出書房)、『京都・よみがえる古代』(ミネルヴァ書房)、『平安京 の風景』(文英堂)、『古代の日本と渡来人』(明石書店)、『桓武天皇』(ミネルヴァ書房)、『秦河勝』(吉川弘文館)などがある。
ページトップへ