Menu

お知らせ お知らせ

News

東アジア文化都市2017京都 舞台芸術部門 交流プログラム「RAM CAMP in Kyoto 2017」の参加者を募集します!

 東アジア文化都市2017京都実行委員会では,コア期間事業のひとつとして,「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」(※1)の開催に合わせて,中国・韓国のアーティストの作品の上演や交流プログラムを実施するに当たり,交流プログラムの参加者を募集しますので,お知らせします。

 交流プログラムでは,山口情報芸術センター[YCAM(ワイカム)(※2)]と連携し,テクノロジーを通じてダンスを生み出すワークショップ「RAM CAMP in Kyoto 2017」を開催します。日本・中国・韓国から集ったアーティストとプログラマーが京都で出会い,異なる専門分野を理解し合いながらコラボレーションを行い,新しい表現を共に模索するとともに,東アジアの文化の多様性の理解や新たな創作の機会の創出へとつなげていきます。

                                     記

 

1 応募資格

(1)ダンス(身体表現)とテクノロジーのコラボレーションに意欲を持った,ダンサー・振付家・演出家(キャリア5年以上で,オリジナルの作品の制作を行っている方)又はプログラマー(openFrameworksでのコーディング経験のある方)。年齢制限はありません。

(2)日本,中国,韓国いずれかの国に在住であること

(3)英語での会話が可能な方  ※ 参加者間のコミュニケーションは,原則英語で行います。

(4)全ての日程に参加できる方

 2 開催期間・場所 

  ワークショップ:2017(平成29)年10月25日(水)~29日(日)午前10時~午後5時

  公開プレゼンテーション:2017(平成29)年10月29日(日)午後5時~(予定)

  会場:ロームシアター京都 ノースホール(京都市左京区岡崎最勝寺町13)

 3 活動内容

(1)3箇国から集った,ダンサー/振付家/演出家とプログラマーがチームを組み,ワークショップを通して新しいダンスを制作する。

(2)最終日に,一般公開の成果発表を行う。

   ※ 公開プレゼンテーション「RAM CAMP in Kyoto 2017」

      日程:2017(平成29)年10月29日(日) 午後5時~(予定)

      会場:ロームシアター京都 ノースホール

      料金:500円

 4 募集人数

  ダンサー/振付家/演出家:3名

  プログラマー:3名

   ※ 中国,韓国においても,それぞれ各3名の参加者を募集する予定です。

 5 参加費

  無料

   ※ 居住地から京都市内までの往復交通費(上限あり),ワークショップ開催中の宿泊費(遠方からの参加者のみ,必要に応じて支給)は主催者で負担。 食費,保険料は各自で負担いただきます。

6 持ち物

  ・ラップトップコンピューター 1台(OS:Windows8又はMac OS Ⅹ 10.11.5以上)

  ・動きやすい服装,靴

7 応募方法

  「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」ホームページ(http://kyoto-ex.jp/) から「オンライン・アプリケーション・フォーム」にアクセスし,必要事項を記載し,応募してください。

 8 問合せ

  KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 事務局

   〒604-8152 京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645 flowing KARASUMA 2F TEL:075-213-5839

 応募締切

  2017(平成29)年8月6日(日)【24時締切】

 10 選考方法

  書類審査を行い,8月20日(日)頃を目途に,応募者全員にメールにて合否を通知します。

 11 注意事項

  滞在期間中の事故・病気など,不測の事態が起こった場合は,参加者の責任となります。

 12 主催

  東アジア文化都市2017京都実行委員会,京都国際舞台芸術祭実行委員会,京都市

 13 協力

  朝陽区文化館(北京),韓国国立現代美術館

 

 14  その他

  7月上旬に,東京,北京(中国),ソウル(韓国)で,参加希望者のための事前説明会(RAMシステムのデモンストレーションを含む。)を開催予定。詳細については,後日,「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」ホームページに掲載します。

※1 KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

   2010年から京都市内の劇場で世界各地の先鋭的な舞台芸術を紹介している国際舞台芸術フェスティバル。今年で8回目を迎えます。

※2 山口情報芸術センター [YCAM]Yamaguchi Center for Arts and Media

     山口情報芸術センター,通称「YCAM(ワイカム)」は,山口県山口市にあるメディア・テクノロジーを応用した新たな表現の創造拠点として名高いアートセンター。2003年の開館以来,メディア・テクノロジーを用いた新しい表現の探求を軸に活動し,展覧会や公演,映画上映,子ども向けのワークショップなど,多彩なイベントを開催しています。「Reactor for Awareness in Motion (RAM(ラム))」は,2010年からYCAMが取り組んでいる,テクノロジーによる新しいダンスの創作と教育を提案する研究開発プロジェクトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ