お金借りる

学生が即日融資でお金を借りるなら大手消費者金融が良い5つの理由

学生がスマホを操作している画像
「今日中にお金が必要なので借入したい!」このような場合、学生の即日融資に最適なのは大手消費者金融です。

では、なぜ大手消費者金融が最適と言えるのでしょうか?

その理由をこの記事ではお伝えしていきますので、「今すぐお金が必要!」というときに役立ててください。

学生の即日融資に大手消費者金融がなぜ最適なのか?その5つの理由

学生の即日融資に大手消費者金融が最適な理由は以下の5つです。

  • 審査は早ければ30分で終わる
  • 即日融資が受けやすい体制が整っている
  • 来店不要なので自宅で借入まで完結
  • 親バレや他人バレしにくい
  • 大手だけあってサービスの質が高い

上記のようなメリットがあるため、大手消費者金融は学生の即日融資におすすめなのです。

それでは、それぞれのメリットについて次章より確認していきましょう。

審査は早ければ30分で終わる

大手消費者金融の審査は早ければ30分で終わります。

口コミを見ても、平均1時間程度で終わるようにですので、審査が非常に迅速です。

このため、融資までの時間もそれほどかからないと予想できます。

即日融資が受けやすい体制が整っている

大手消費者金融は即日融資の方法が多数あり、即日融資が受けやすい体制が整っています。

業者名 即日融資の方法
アコム 銀行振込
自動契約機でカード発行→ATM
窓口
インターネットバンク
アイフル アイフル 銀行振込
自動契約機でカード発行→ATM
アプリ→セブン銀行のスマホATM
プロミス 銀行振込
自動契約機でカード発行→ATM
アプリ→セブン銀行のスマホATM
窓口
SMBCモビット 銀行振込
自動契約機でカード発行→ATM
アプリ→セブン銀行のスマホATM
レイクALSA 銀行振込
自動契約機でカード発行→ATM
アプリ→セブン銀行のスマホATM

とくに嬉しいのが、24時間振込に対応している業者があることです。

このため、通常は銀行振込が当日中に反映されない平日15時以降であっても、当日中に口座に入金がされます。

また、セブン銀行のスマホATMに対応している業者も多いため、スマートフォンのアプリひとつで借入することも可能です。

来店不要なので自宅で借入まで完結

大手消費者金融は、すべての業者が来店不要で借入まで完結できます。

自宅からの手続のみで、申し込みから借入まで完了しますので、借入が非常に楽チンです。

親バレや他人バレしにくい

大手消費者金融は親バレや他人バレしにくいという点もメリットです。

まず、保証人や担保は不要なため、親の承諾などは不要です。

また、以下のようにカードレスや郵送物を不要にできる方法があります。

業者名 カードレスにする方法 郵送物なしにする方法
アコム × 窓口で申し込み
自動契約機で申し込み
アイフル WEB完結
スマホアプリで申し込み
WEB完結
スマホアプリで申し込み
窓口で申し込み
自動契約機で申し込み
プロミス WEB完結
スマホアプリで申し込み
WEB完結
スマホアプリで申し込み
窓口で申し込み
自動契約機で申し込み
SMBCモビット WEB完結
スマホアプリで申し込み
WEB完結
スマホアプリで申し込み
自動契約機で申し込み
レイクALSA WEB完結
スマホアプリで申し込み
WEB完結
スマホアプリで申し込み
自動契約機で申し込み

その他、電話をするときは「非通知・担当者の個人名」でするなどの配慮もあります。

利用明細はネット上で管理するのが基本ですので、こちらから希望しない限りは郵送されてくることはありません。

このように、大手消費者金融は親バレや他人バレしにくい体制が整っていますので、安心して利用ができます。

大手だけあってサービスの質が高い

大手消費者金融は、大手だけあってサービスの質が高いのもメリットです。

ATMや銀行振込、口座振替、コンビニのマルチメディア端末など、様々な借入方法や返済方法などがあるため、使い勝手が非常に良いです。

また、「無利息サービス」のある業者も多いため、利息をお得にしやすいです。

大手消費者金融で即日融資を受けるための必須条件

大手消費者金融で即日融資を受けるには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 当日中に審査を終える
  • 即日融資のタイムリミットまでに借入する

この2つの条件を満たさないと、即日融資は受けられないため、しっかりと詳細を確認しておきましょう。

当日中に審査を終える

審査を終えないとことには融資がされないため、即日融資を狙うなら、当日中に審査を終えられるようにしてください。

大手消費者金融の審査対応時間は以下のとおりであるため、この時間内に審査を終えなくてはいけません。

業者名 審査対応時間
アコム 9:00~21:00
アイフル 9:00~21:00
プロミス 9:00~21:00
SMBCモビット 9:00~21:00
レイクALSA 8:10~21:50(毎月第3日曜日は8:10~19:00)

大手消費者金融の審査はスピーディーであるものの、状況によっては時間がかかってしまうケースもあるため、申し込みは時間に余裕を持ってしてください。

できれば、午前中に申し込みしておくのがおすすめです。

即日融資のタイムリミットまでに借入する

コンビニATMのように24時間利用できるもの以外は、即日融資に対応できる時間が決まっているので確認しておきましょう。

業者名 自社ATM 銀行振込 店頭窓口
アコム 原則24時間 原則24時間 平日18:00まで
アイフル 23時まで 平日14:10まで(電話相談可) ×
プロミス 22時まで 原則24時間 平日18:00まで
SMBCモビット × 原則24時間 ×
レイクALSA 23時50分まで 21:00まで(日曜日は18:00) ×

※自社ATMや店頭窓口の営業時間は一部違うケースあり

特に気をつけたいのが銀行振込です。

業者によっては24時間対応してくれるところもありますが、そうでない場合はタイムリミットがあり、それを過ぎると口座への入金は翌営業日以降になってしまいます。

大手消費者金融のプロミス・アコム・SMBCモビットは原則24時間即日振込が可能となっていますが、中小消費者金融などは平日14時が即日振込のラインとなっています。

当日振込で借入したい人は、大手消費者金融の原則24時間即日振込可能な業者に申込することをおすすめします。
(参考サイト:お金借りる即日なら

大手消費者金融の審査に通過するために必要な7つの条件

大手消費者金融で借入をするには審査に通過しないといけません。

審査に通過するには次の7つが重要になってきます。

  • 20歳以上で毎月収入を得ている
  • 他社の借入額と借入件数が多すぎない
  • 他社の返済期日を守っている
  • 過去に金融事故を起こしたことがない
  • 申込情報で嘘をつかない
  • 在籍確認に対応する
  • 必要書類をしっかりと提出する

どの項目も審査通過に重要なものとなりますので、詳細をしっかりと確認しておきましょう。

20歳以上で毎月収入を得ている

大手消費者金融の審査に通過するには、「20歳以上で毎月収入を得ている」という点が必須です。

まず、どの業者も年齢が20歳以上でないと利用条件を満たせません。

次に、「毎月収入を得ている」という点も条件です。

このため、アルバイトでも何でも良いため、定期収入がないと審査に通りません。

他社の借入額と借入件数が多すぎない

大手消費者金融の審査では、他社の借入額と借入件数を必ず確認されます。

ひとつ目の理由は「総量規制」があるためです。

大手消費者金融のような貸金業者では、すべての貸金業者と合計して年収の1/3までしか借入できません。

よって、「貸金業者の借入が今いくらあるのか?」という点を必ず調査されます。

ふたつ目の理由は、他社借入が多い人ほど融資するのが危険だからです。

他社借入が多くなるほど、毎月の返済負担が大きくなるため、返済できる余力も減っていきます。

そうした人ほど、延滞や貸し倒れのリスクが高くなるため、他社借入の確認が必須になってくるのです。

他社の返済期日を守っている

大手消費者金融の審査では、「他社の返済期日を守っているか?」という点も必ず確認されます。

申込者が期日どおりに返済してくれる人なのかを、過去の返済記録から判断するためです。

毎月きちんと返済している人であれば問題ありませんが、そうでない人は審査落ちになりやすいのです。

このため、クレジットカードやローン、携帯電話の本体分割払いなどの返済は延滞しないようにしてください。

過去に金融事故を起こしたことがない

大手消費者金融の審査では、「過去に金融事故を起こしていないか?」という点も必ず確認されます。

金融事故とは、信用情報で「重大な事故情報」として扱われるものであり、おもに以下の4つが代表的です。

  • 長期延滞
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 強制解約
  • 代位弁済

上記の金融事故を過去に起こしてしまった場合、5年~10年はいわゆる「ブラックリスク」になり、クレジットカードやローンの審査に通るのが困難になります。

これは大手消費者金融でも共通です。

申込情報で嘘をつかない

大手消費者金融の申込時には様々な情報を申告しますが、これらは嘘偽りなく申告しましょう。

申込時の情報は審査に使われるからです。

大手消費者金融は、「属性スコアリング」という審査方法を採用しているとされています。

属性スコアリングとは、年収や勤務先などの情報をスコア化し、申込者の返済能力を判断する審査方法です。

申込情報に嘘があると、属性スコアリングが正しくできなくなりますし、そもそも嘘は通用しません。

大手消費者金融は虚偽申告を警戒し、様々な対策を取っています。

もし、虚偽申告が発覚した場合、100%審査落ちになってしまいます。

在籍確認に対応する

在籍確認も審査のひとつですので、しっかりと対応しなくてはいけません。

大手消費者金融の審査では、在籍確認として、申込時に申告した勤務先に電話があります。

学生さんの場合なら、アルバイト先になるでしょう。

在籍確認の電話に対応できないと、働いていることの確認がとれず、審査に通らないのです。

ただし、在籍確認は申込者本人が対応しなくても大丈夫です。

よって、バイト先の店長や社員に任せても問題ありません。

電話も「非通知・担当者の個人名」でされるため、消費者金融からの在籍確認とは分らないので安心してください。

必要書類をしっかりと提出する

大手消費者金融の審査時には、「本人確認書類」や「収入証明」の提出を求められます。

これらの書類を提出することも審査のひとつですので、提出する書類には不備がないようにしてください。

申込時の情報と書類に記載されている情報が異なると、最悪の場合、「虚偽申告をしたのかも?」と警戒されてしまうこともあり、審査落ちになることもあるからです。

学生が即日お金を借りるなら消費者金融まとめ

大手消費者金融は多くのメリットがあるため、学生の即日融資に最適です。

ただし、即日融資には注意点もあります。

また、審査に通過しないことには借入ができないため、審査のポイントも事前確認が必要です。

そうした点を確認した上で体制を整えてから、大手消費者金融に申し込みするようにしてください。

-お金借りる

© 2020 お金を借りるなら即日で審査完了はどこ?お金借りたい人へおすすめ7選!