プロミス

プロミスの審査に関する疑問に回答!審査通過率や審査落ちの原因・基準などがこれで分かる!

プロミストップ画像
プロミスの審査を受ける前には様々な疑問や不安がありますよね。

この記事では、そうしたプロミスの審査に関する疑問や不安に回答しています。

当記事をお読み頂ければ、プロミスの審査について詳しく知ることができ、疑問や不安をスッキリ解決して、万全の体制で審査に臨むことが可能です。

プロミスの審査通過率はどれくらい?他社に比べてどうなの?

プロミスの審査通過率は、2020年4月時点で「41.1%」となっています。

また、他の大手消費者金融と比較した場合は以下のとおりです。

カードローン名 審査通過率
プロミス 41.1%(2020年4月現在)
アコム 42.7%(2020年4月現在)
アイフル 38.7%(2020年4月現在)
レイクALSA 33.5%(2019年10月~12月)

プロミス月次データ

アコムマンスリーレポート

アイフル月次データ

レイクALSA以外とはあまり差がないため、プロミスの審査通過率は大手消費者金融の中では平均的になっています。

そうしたことから、プロミスの審査難易度は、大手消費者金融の中では優しくも厳しくもないという感じです。

プロミスの審査基準はどうなっているの?

プロミスの審査基準は非公開ですが、カードローンの審査はおもに以下の3つで決まってきます。

  • スコアリング審査
  • 信用情報機関への照会
  • 事実確認

3つすべてが審査の合意に直結する重要なものであるため、しっかりと詳細を確認しておきましょう。

スコアリング審査

スコアリング審査は、おもに申込情報をスコア化される審査方法です。

年収や勤務先、勤続年数などの申込時に申告した情報がスコア化され、その合計スコアで申込者の返済能力を調査するのがスコアリング審査になります。

信用情報機関への照会

信用情報機関には、あなたがこれまで利用したクレジットカードやローンの利用記録があります。

そうした利用記録を確認するのが信用情報機関への照会です。

信用情報機関への照会では、おもに以下の3つを重点的に確認されます。

  • 他社の借入状況
  • 過去の返済記録
  • 事故情報の有無

他社の借入状況は、「借入額や借入件数が多すぎないか?」という点の確認です。

過去の返済記録は、「毎月返済期日を守っているか?」という点を見られます。

事故情報というのは、債務整理や長期延滞、強制解約などのことであり、こうした事故情報を過去に起こしていないかを確認されます。

事実確認

事実確認というのは、「申込情報に虚偽や不備がないか?」という点の確認です。

事実確認は、おもに「在籍確認」や「提出書類の確認」によって行なわれます。

在籍確認は勤め先の確認であり、申込時に申告した勤め先に電話連絡があります。

提出書類の確認は、「本人確認書類」や「収入証明」の内容と申込時の申告情報に間違いがないかのチェックです。

こうした事実確認も審査のひとつになります。

プロミスの審査に通過するために絶対必要な条件ってある?

プロミスの審査に通過するには、最低でも以下の6つの条件を満たしていないといけません。

  • 申込条件を満たす
  • 総量規制に引っかかっていない
  • 他社の返済期日を守っている
  • 信用情報に事故情報がない
  • 必要書類を提出できる
  • 在籍確認ができる

どれかひとつでも問題があると審査に通らない可能性があるため、詳細にしっかりと目を通しておくようにしてください。

申込条件を満たす

申込条件を満たしていないと100%審査には通らないため、必ず確認しておきましょう。

プロミスの申込条件は「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」です。

まず、年齢が「20~69歳」でなくてはいけません。

次に「申込者本人が安定した収入を得ている」という点も条件です。

安定した収入というのは、「毎月安定して得られる収入」のことです。

このため、アルバイトやパートでも良いので職に就いており、毎月収入を得ている必要があります。

総量規制に引っかかっていない

プロミスは「総量規制」の対象ですので、この総量規制に引っかかっていないことも必須です。

総量規制に引っかかるというのは、利用中の貸金業者の借入合計額が年収の1/3に達している状態です。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

たとえば、年収が300万円の人なら、利用中の貸金業者の借入合計額が100万円以上ある状態ですね。

こうなると、プロミスの借入可能額が0円になってしまうため、審査に通らなくなります。

貸金業者以外のカードローンやフリーローンの借入にも注意!

プロミスの審査では、貸金業者以外の借入額や借入件数も調査されます。

貸金業者以外の借入というのは、銀行や信用金庫などのカードローンやフリーローンといった、「無担保ローン」の現金の借入です。

こうした借入が多いほど、審査に通りづらくなるため、他社の借入額や借入件数には注意が必要です。

他社の返済期日を守っている

次のような信用取引の返済期日は、必ず守らないといけません。

  • クレジットカード
  • カードローン・キャッシング・フリーローン
  • 住宅ローンやマイカーローンなどの各種ローン
  • ショッピングクレジットや携帯電話本体の分割購入などの割賦払い

上記の返済記録は信用情報に残るため、延滞してしまうと審査時にプロミスに分ってしまいます。

延滞するような人に融資をするのは危険なため、信用情報に延滞記録があると審査落ちの原因になりやすいです。

信用情報に事故情報がない

信用情報に「事故情報」があると、ほぼ審査に通らなくなるので要注意です。

事故情報というのは俗に言う「ブラックリスト」のことで、以下の4つが代表的です。

  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済

信用情報に事故情報がある場合、プロミスから「この人はお金に関してまったく信用できない」と判段されてしまうため、審査に通る可能性はほとんどありません。

必要書類を提出できる

必要書類の提出も審査の一環ですので、プロミスから指示された書類をしっかり提出するようにしてください。

書類を提出する際は、内容に不備がないように確認しておくことも重要です。

在籍確認ができる

プロミスの在籍確認では、申込時に申告した勤め先に電話があるため、その電話にしっかりと対応しましょう。

ただし、自分で対応できそうにないときは勤め先の人に任せても問題ありません。

在籍確認は単に「申込時に申告した勤め先に所属しているか?」という点さえ分れば良いだけですので、他人が対応してもそれは確認可能なため問題がないのです。

電話も「非通知・担当者の個人名」でされるため、プロミスからの電話だとは分らないので安心してください。

プロミスの審査はどのくらいの時間がかかるの?

プロミスの審査時間は最短30分となっています。

ただし、30分といのはあくまで最短で終わった場合のみですので、実際はそれ以上かかることも多いようです。

口コミを確認すると、「1時間程度かかった!」という書き込みが多いように感じます。

このため、1時間程度はかかると見ておくのがおすすめですが、お金借りる即日の場合は申込後に電話でどれぐらい時間がかかるか確認するのも手です。

基本的に申込順に審査をしていますが、電話での相談で優先的に早めに審査をしてくれる可能性もあります。

ちなみに、プロミスが審査に対応してくれるのは「9:00~21:00」までとなっています。

21:00以降の申し込みに関しては、審査が開始されるのが翌営業日となってしまうため、通常よりも審査に時間がかかるので注意してください。

プロミスの簡易審査「お借入シミュレーション」は信用できる?

プロミスの「お借入シミュレーション」は、あくまで目安程度に考えおきましょう。

お借入シミュレーションはWEB上のサービスにしかすぎないため、審査というよりも簡易診断です。

生年月日・年収・他社借入額の3つのみで借入できそうかを判段するだけなため、結果に関しては目安程度にしかなりません。

実際、お借入シミュレーションで借入OKとなっても、正式な審査に通らない人は沢山います。

このため、お借入シミュレーションの結果はそこまで当てになるものではありません。

プロミスの審査に必要な書類は?

プロミスの審査に必要な書類は以下のとおりです。

書類種類 有効な書類
本人確認書類 運転免許証
パスポート
健康保険証+住民票(来店契約のみ)
収入証明 源泉徴収票
確定申告書
税額通知書
所得(課税)証明書
給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

本人確認書類は必須ですので、運転免許証やパスポートなどの身分を証明できる書類を用意する必要があります。

収入証明は以下の条件に当てはまる場合に必要です。

  • 希望限度額50万円超の場合
  • プロミスの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合

プロミスの審査の流れはどんな感じになる?

プロミスの審査はインターネット申し込みの場合ですと、以下のような流れになります。

1. 公式サイトから申し込み
2. 審査~希望の方法(メールか電話)で審査結果の通知
3. 契約
4. 融資

申込後は基本的に審査結果を待つだけです。

こちらがやることは、必要書類を提出したり、プロミスからの電話に対応したりすることぐらいですので、簡単かつスピーディーに融資まで完結できます。

プロミス審査まとめ

プロミスの審査に関する疑問は大分解決したのではないでしょうか。

ここまで来れば、プロミスの審査に通過するための体制は十分整っています。

あとは実際に申し込みして審査を受け、お金を借りるだけです。

-プロミス

© 2020 お金を借りるなら即日で審査完了はどこ?お金借りたい人へおすすめ7選!